謎深まる地蔵様達

0

    2016年07月02日 
    テーマ:


    今朝は、霧雨だったけど、初めての場所など歩いてきました


    大きなてんとう虫も、はじめましてだよ

    ここは何度も来たことのある西浦北向地蔵(享保4年1719年建立)
    何故、ここに、お地蔵様が、いらっしゃるか、わかったことがあるんだ!
    昔、江戸時代中期、この近くの田無宿から飯盛女が、北へ向かって逃げ、このあたりで捕らえられたそうだ。
    そして、折かんされ、首をくくった者もいたので、供養のために建立したとの伝承もあるんだ。
    合掌

    その後、倉のある道を通り、

    墓地の中にいる七人のお地蔵様の所に着いた。

    何で、ここに七人も、お地蔵様が、いるのか、すごく気になるひらめき電球
    笠地蔵だったのかな?それとも連続殺人事件でも、あったのかな?
    謎は深まるばかりだ!

    さらに歩くと、

    また、お地蔵様がいたビックリマーク

    しかも二人
    変わった台座に乗っている!




    岩船地蔵尊というらしいよ!
    このお地蔵様も、享保4年に建立されている。
    この頃、濁世から浄土へ人々を送り渡す為に地蔵菩薩が、丈夫な岩の船に乗って現れるという「岩船地蔵」が、関東各地で流行したそうだ。

    お地蔵様の足元の台座は、船だったんだね
    二人並んだお地蔵様も、珍しいから、深い謎でもあるのかと思ったよ!

    村から村へと岩船地蔵送りが行われたそうだ。
    静岡県裾野市でも、確認されてるそうだ。

    不思議な地蔵歩きになってしまったよ!

    今度は、不思議な動物たちのいる公園に来てしまったあせる

    お地蔵様も、様々な事情が、あるんだね。
    ワタシは動かない不思議な馬の上でちょっと休憩しますウインク


    スポンサーサイト

    0
      • 2017.05.29 Monday
      • -
      • 11:27
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      コメントする








         
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR

      calendar

      S M T W T F S
          123
      45678910
      11121314151617
      18192021222324
      252627282930 
      << June 2017 >>

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recommend

      links

      profile

      書いた記事数:520 最後に更新した日:2017/05/29

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM